私が引越しをした時に困ったのは、ダンボール箱が足りなかったことでした。その引越しをする時には、軽トラックを借りる事が可能だったので、マイカーに入らない分の背の高い家具類や家電製品は、軽トラックの荷台に載せるとして、布団などの軽いものはマイカーで移動できる計算でした。

数日前までにある程度の引越しの道具を箱に詰めようと準備を進めていたのですが、そこで分かったのはダンボール箱はかなりの量が必要であるということです。
荷造り作業
近くの食品スーパーに行ってみると、裏手にダンボールを集めているゴミ箱があるので、従業員に許可を得てもらう事が可能です。しかし、食品スーパーの場合は野菜類の移動に使ったダンボール箱が多く、湿っている事が多いのです。このような箱の中に衣類を入れる事が難しく、濡れたり汚れたりしている箱は使えないのです。

良いダンボール箱を調達するためには家電量販店が有効です。ただ、良いサイズのダンボール箱がいつもあるわけではなく、見つかったら巨大すぎる事もあるので、何度か通って良いサイズを調達する事が肝心だと思います。

実際に、引越し期限の数日前に迫ってダンボール箱が足りないとなると、かなり焦ってしまうので前もって準備する必要があります。